高知県日高村

日本の高知のほどよい田舎「日高村」の公式noteです。高知市から車で25分、奇跡の清流"仁淀川"が流れる人口5,000人の村です。特産品のフルーツトマトをはじめ数種類のトマトが生産されています。村のトマトを使った取り組みとして「日高村オムライス街道」が行われています。

日高村地域おこし協力隊

日高村地域おこし協力隊の活動についてや、「ソトモノ」目線で執筆してくれた記事をまとめるマガジンです。

  • 6本

\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!④/

※文章は『広報ひだか』2021年9月号から転載 三好 諒 さん こんにちは、三好諒と申します。 東京都出身で2018年11月、シュガートマト農家になることをを目指し妻と娘の3人で移住してきました。 これまでは株式会社コスモスアグリサポートにて研修を受けていましたが、縁あってこの夏より「日高みよし農園」として独立が決まり現在はその準備に励んでいます。 多くの人に支えられ、日高村での生活はとても充実しています。トマト作りを通して今後日高村に貢献していきたいと思います。 中村

スキ
1

\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!③/

地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。             総務省HP引用 ※文章は『広報ひだか』2021年8月号から転載 石原 将 さん 日高村の皆様、はじめまして。7月1日より、地域おこし協力隊に着任致しました、岐阜県出身、石原将(いしはらすすむ)と申します。 林業の事

スキ
9

\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!②/

地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。             総務省HP引用 ※以下、紹介文章は村内広報「ひだか」2021年6月号から転載 鵜飼 唯香 氏 鵜飼唯香と申します。千葉県出身で、12月に着任いたしました。 現在21歳で、東京大学法学部を3年の秋から休学しています。

スキ
6

\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!①/

地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。             総務省HP引用 ※以下、紹介文章は村内広報「ひだか」2021年5月号から転載 小川 稔 さん 初めまして、小川稔と申します。 東京から日高村へ移住いたしました。 NPO法人「土佐の森・救援隊(木の駅ひだか)」にて活

スキ
8

日高村のコト

日高村について書かれた記事をまとめています。

  • 9本

高知県日高村のふるさと納税について(トマト・芋けんぴ・文旦など特産品)

初めまして。 日高村のふるさと納税担当です。 日高村の特産品は、トマト、お茶、生姜など。 お肉や魚はありませんが“村の魅力を全国へ伝えたい”という想いから、加工品やコラボ商品も生まれ、お礼品が少しずつ増えてきています。 ふるさと納税をされたことがある方も、ない方も、あらためて日高村の特産品について知って頂ければと思います! ■日高村のふるさと納税ランキングをご紹介! 【第3位】高知といえば文旦<壬生農園>土佐文旦 家庭用 5kg https://www.furusat

スキ
4

スマホはわからん!そんな方にもぜひ来店してもらいたい「出張スマホ相談店舗」|日高村デジタルまちづくり

先日の記事も書きましたが、日高村では今年度より日本で初めてのスマホ普及率100%を目指して『村まるごとデジタル化事業』を実施しています。 しかし!日高村には携帯ショップが無い! ということで、6月よりauショップ様にご協力いただき、サンシャイン日高店の中に出張店舗を設置してきました。 (上記内容の一部は終了しています) スマホ受付会場が村内を巡回します そして10月からは、より住民の方に訪れてもらいやすいように曜日毎に村内各地を周っていただくことになりました! <

スキ
6

【スマ友】第二回デジタル教育プログラム開催!教える側になるために、スマホのあれこれを勉強

みなさま初めまして! デジタル共助ステーション事業担当の鵜飼です。 前回の記事では、高知県日高村で第一回デジタル教育プログラムを開催し、村内事業者をスマ友ステーションに認定したことをお話ししました。 今回は、第二回の講習会についてリポートをします。 おさらい:デジタル共助ステーション(=「スマ友」)事業とは? 「デジタル共助ステーション事業」は村内の各種事業者さんを、スマホに関する困り事や相談事の窓口(「スマ友」)に登録していただく事で、問題の直接解決や問題点の集約に協

スキ
6

【スマ友】第一回デジタル教育プログラムを開催し村内事業者をスマ友ステーションに認定

みなさま初めまして。 デジタル共助ステーション事業担当のおだちです。 先日発表された「村まるごとデジタル化事業」に関連して、村内にデジタル共助ステーション(=スマ友ステーション)を設置していく担当をしています。 デジタル共助ステーション事業キックオフ! 〜目指せスマホ普及率100%!〜(1)デジタル共助ステーション「スマ友」とは? 全国1700以上存在する地方自治体の中で、日高村が日本で初めての「スマホ普及率100%」を目指す「日高村まるごとデジタル化事業」が本格始動し

スキ
4

日高村デジタルまちづくり事業

日本で初めてスマホ普及率100%を目指す街

  • 4本

スマホはわからん!そんな方にもぜひ来店してもらいたい「出張スマホ相談店舗」|日高村デジタルまちづくり

先日の記事も書きましたが、日高村では今年度より日本で初めてのスマホ普及率100%を目指して『村まるごとデジタル化事業』を実施しています。 しかし!日高村には携帯ショップが無い! ということで、6月よりauショップ様にご協力いただき、サンシャイン日高店の中に出張店舗を設置してきました。 (上記内容の一部は終了しています) スマホ受付会場が村内を巡回します そして10月からは、より住民の方に訪れてもらいやすいように曜日毎に村内各地を周っていただくことになりました! <

スキ
6

【スマ友】第三回デジタル教育プログラム開催!動き出したスマホ教室の事例から考える

どうも! デジタル共助ステーション事業担当のおだちです。 2021年9月24日に日高村村立図書館ほしのおかで開催された3度目のデジタル教育プログラム、今回もオンラインとオフラインを合わせたハイブリット開催となりました。ここでは、今回の講習会についてリポートします。 おさらい:デジタル共助ステーション(=「スマ友」)事業とは? 「デジタル共助ステーション事業」は村内の各種事業者さんを、スマホに関する困り事や相談事の窓口(「スマ友」)に登録していただく事で、問題の直接解決や問

スキ
4

【スマ友】第二回デジタル教育プログラム開催!教える側になるために、スマホのあれこれを勉強

みなさま初めまして! デジタル共助ステーション事業担当の鵜飼です。 前回の記事では、高知県日高村で第一回デジタル教育プログラムを開催し、村内事業者をスマ友ステーションに認定したことをお話ししました。 今回は、第二回の講習会についてリポートをします。 おさらい:デジタル共助ステーション(=「スマ友」)事業とは? 「デジタル共助ステーション事業」は村内の各種事業者さんを、スマホに関する困り事や相談事の窓口(「スマ友」)に登録していただく事で、問題の直接解決や問題点の集約に協

スキ
6

【スマ友】第一回デジタル教育プログラムを開催し村内事業者をスマ友ステーションに認定

みなさま初めまして。 デジタル共助ステーション事業担当のおだちです。 先日発表された「村まるごとデジタル化事業」に関連して、村内にデジタル共助ステーション(=スマ友ステーション)を設置していく担当をしています。 デジタル共助ステーション事業キックオフ! 〜目指せスマホ普及率100%!〜(1)デジタル共助ステーション「スマ友」とは? 全国1700以上存在する地方自治体の中で、日高村が日本で初めての「スマホ普及率100%」を目指す「日高村まるごとデジタル化事業」が本格始動し

スキ
4

日高村のヒト

日高村の人を紹介します。

  • 1本

新参者も村を出た人も、いつでもここに帰ってくれば良い / 故郷に戻って新規就農、トマト農家に:大川内剛さん

高知県に流れる清流、仁淀川。透明度が高く、その神秘的な青色は「仁淀ブルー」と名付けられている。そんな仁淀川が流れる「仁淀ブルー流域」(伊野町・日高村・土佐市・佐川町・越智町・仁淀川町)の様々な「人」にスポットライトを当ててその人生を紐解きながら、その人が生産している/関わっている「物」への想いを明らかにする「仁淀人物百貨」シリーズ。 #仁淀人物百貨 8月某日、日高村でトマト農家をしている大川内剛さんにインタビューしに伺いました。 午前中の収穫作業を終え、昼食後のハウスで

スキ
18

日高村の事業者まとめ