\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!①/
見出し画像

\全国から集まる日高村の「地域おこし協力隊」を紹介!①/

地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。             総務省HP引用

※以下、紹介文章は村内広報「ひだか」2021年5月号から転載

小川 稔 さん

画像4

初めまして、小川稔と申します。
東京から日高村へ移住いたしました。
NPO法人「土佐の森・救援隊(木の駅ひだか)」にて活動し、林業研修にて技術を習得し、日高村の山林にて間伐を実施いたします。林業経験はありませんが、趣味が登山なので山が大好きです。
趣味と仕事では全く異なることも多いと思いますが、山林整備を行い、日高村の山林を多様性のある健康なものにしてきたいと考えています。日高村のことはまだ知らないことだらけですが、ぜひ日高村のことを色々と教えてください。宜しくお願いいたします。房安 苗穂美 さん


房安 苗穂美 さん

画像3

皆さん、こんにちは。房安苗穂美と申します。
鳥取砂丘で有名な鳥取県の生まれです。
4月より地域おこし協力隊として、ひだか和紙にて活動し和紙を手法で染め、染紙を作っています。日高村は、自然の魅力が詰まっていて、また、出会いと人、地域にも恵まれており、身も心も満たされております。
日高村の地場産業である、ひだか和紙さんの更なる世界的販路拡大に尽力していきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

画像4

村上 由佳 さん

画像4

はじめまして!
4月に地域おこし協力隊に着任いたしました。岡山県生まれの村上由佳です。川が好きなため、日高村のきれいな仁淀川の近くに住むことができ、とても嬉しいです!
現在は、ふるさと納税のホームページの作成や、SNSで、日高村の魅力を発信する活動をしています。これからさらに、イラストやデザインなどを活用してできる新しい活動を考えていきたいと思っております!
よろしくお願いいたします。


良い一日を送れますように♪
日本の高知のほどよい田舎「日高村」の公式noteです。高知市から車で25分、奇跡の清流"仁淀川"が流れる人口5,000人の村です。特産品のフルーツトマトをはじめ数種類のトマトが生産されています。村のトマトを使った取り組みとして「日高村オムライス街道」が行われています。