【スマ友】第二回デジタル教育プログラム開催!教える側になるために、スマホのあれこれを勉強
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【スマ友】第二回デジタル教育プログラム開催!教える側になるために、スマホのあれこれを勉強

みなさま初めまして!
デジタル共助ステーション事業担当の鵜飼です。

前回の記事では、高知県日高村で第一回デジタル教育プログラムを開催し、村内事業者をスマ友ステーションに認定したことをお話ししました。

今回は、第二回の講習会についてリポートをします。

おさらい:デジタル共助ステーション(=「スマ友」)事業とは?
「デジタル共助ステーション事業」
は村内の各種事業者さんを、スマホに関する困り事や相談事の窓口(「スマ友」)に登録していただく事で、問題の直接解決や問題点の集約に協力いただき、スマホ普及に必要な情報の集約、適切な対応ノウハウの提供を進めていく事業になります。


(1)第二回デジタル教育プログラムをハイブリッド開催!

2021年8月23日、コロナウィルスの感染状況に鑑みて、今回は対面とオンラインを掛け合わせるハイブリッド開催となり、合わせて20人以上の関係者に参加して頂きました。

画像2

前回同様、デジタル共助に関する専門知識の講師に(株)富士通ラーニングメディアの拝野晃希さんをお迎えし、実践を通してデジタル共助について学びを深めました。具体的には、アプリのインストールやアンインストール、ホーム画面の整理など操作の確認や、想定しうる困りごとへの説明練習などをしました。

画像2

講習会内では自然と情報交換も行われ、スマ友ステーションの方々同士で「スマホでこういう使い方をしている」「この使い方は初めて知った」などといった声が上がりました。


(2)より詳しく!スマ友ステーション事業をご紹介します

せっかくなので、スマ友ステーション事業についてより詳しくご紹介します!2021年現在、以下の村内13の事業者及び団体にスマ友ステーション事業にご協力頂いております。

・あきちゃん唐揚げ        ・日高村観光協会
・eat&stayとまとと        ・日高村商工会
・大阪なにわ道頓堀たこ焼き    ・日高わのわ会
・サンシャイン日高        ・壬生農園
・集落活動センターミライエ    ・ムラカフェひだか        
・スタジオサイン         ・ 村の小さな台所おきな
・とまとすたんど

既に店舗や事務所には「スマ友ステーション」ステッカーが貼られています!村内で見つけてみてくださいね。

スマホのお困りごとがある村民でステーションの場所がわからない方は、以下の『スマ友ステーションMAP』をご参考に、お買い物や用事がてらで構いませんので、是非気軽に訪れてください!

画像4


(3)最終回に向けて

デジタル教育プログラムは、全3回。次回で最終回を迎えます。

第一回では事業の方向性の共有、スマホ捜査の基本の確認、スマ友ステーションの認定が行われました。第二回は以前よりスマホの操作や説明に焦点を当てられました。

最終回を終えてもなお、今後もスマ友ステーションやスマ友サポーターの繋がりを維持し、村全体のデジタル化を推進していきたいと考えております。是非、皆さん一緒に頑張りましょう。

画像3


9月下旬に第三回デジタル教育プログラムを開催します!
ステーションになった事業者以外の事業者等もご参加いただけます。
参加ご希望の方は日高村役場企画課(0889-24-5126)もしくはショープロジェクト(050-3066-9349)まで。

スキありがとうございます!
日本の高知のほどよい田舎「日高村」の公式noteです。高知市から車で25分、奇跡の清流"仁淀川"が流れる人口5,000人の村です。特産品のフルーツトマトをはじめ数種類のトマトが生産されています。村のトマトを使った取り組みとして「日高村オムライス街道」が行われています。